昔はよく、近くの犬猫病院でカルドメックチュアブルを処方してもらっていましたが、インターネットでも入手可能であることを知って、今ではもう病院には行かなくなりました。

家で飼っている犬がフィラリアにかからないか心配で、いつも獣医さんで薬をもらっていたのです。同じものを安く買えるのでわざわざ病院に行く必要なしですね。ワンちゃんへの副作用もなさそうなので、今のところこのまま使えそうです。この薬ですが、カルドメックチュアブルというらしいですが、どうやらネットでも買えるらしいと知人から聞きました。早速調べてみると病院でもらうよりだいぶ安い。

今度からネットで購入したいと思います。もうすぐ夏ということもあって毎年うちのワンちゃんにはフィラリア予防薬を与えています。いつもはペット病院で薬をもらうのですが、「もしや…」と思いインターネットで調べてみると同じ薬のカルドメックが販売されていました。今年からはネットで買おうと思います。だって全く同じものだし。うちの犬もだいぶ長生きしています。

基本的に、ウチ犬にしていますが。やっぱりいろいろと食べ物やノミの薬などで健康を維持しているのに対して、野良の犬はやっぱりフィラリアとかで早く死んでしまうんだろうなあと思います。フィラリア対策のハートガードはうちでも使っています。

うちの犬が突然、かゆがり出したので病院に連れていくとアトピーと診断されてしまいました。激しくかくのを放っておくわけにはいかないので薬を出してもらい飲ませています。アトピカというのですね。

薬でかゆみの症状を抑えておくとして、アトピーの原因をなんとか取り除かなければなりません。当面は薬のお世話にならざるを得ないです。動物病院でくすりをくれるのですが、これがびっくりするほど高いです。アトピカの正規品しかだしてこないです。

人間の病院と違って、「ジェネリックでお願いします」などと言えないのです。そもそもジェネリック薬をおいてありません。そこでやむをえず、どこかでアトピカのジェネリック薬を調達することになります。今は、ネットショップが発達してなんとそのジェネリック薬がネットでも買えるようになりました。こ

ちらでそのアトピー薬を購入すれば、かなりに節約になります。お店の数も一軒だけではなく何件もあります。ネット社会になって本当によかったなあと思う場面です。

このアトピー薬で一時対処が可能になりますので、あとはアレルギー源の発見と消滅に力を入れて行こうと思います。

今日、会社の健康診断がありました。年2回行われるものの2回目です。今回は胃のレントゲン検査も含まれています。あのバリウムを飲むやつです。

毎年、このバリウムを飲んでいるとわかるのですが、だんだん飲みやすくなっているのがわかります。以前は、重たいとても飲みにくいものだったのです。もっと昔はもっともっと飲みにくいものだったに違いありません。

今のものは軽い飲み口になっているのとストロベリーの風味までつけてあります。検査者の負担がかなり違うように思います。

恐らく、検査後にバリウムを早急に排便する必要がありますが、排便しやすいものになっていると思われます。バリウムは飲みにくいものでもしょうがないか、などと思ってしまうのですが、こうして改良が加えられているのがわかると、とても感心いたします。

数年前、私はまさにこの胃のレントゲン検査結果で胃の異常の可能性を指摘され、結局は問題なかったものの、胃カメラ検査、ピロリ菌検査、そして、ピロリ菌除菌まで行った経緯があり、とても感慨ぶかいものがあります。

当時は、「ひょっとして胃ガンなのか?」と大層悲観的になったのを記憶しています。もっともっと早めにピロリ菌検査をしておくことはとてもおススメと思います。

No newer/older posts